Point of No-Return

バイクが趣味なおっさんのブログ

20年の釣り:総括

年の半ばから久しぶりに再開した釣りでした。
「どうやって釣るんだっけ?ラインの結び方はどうだったっけ?」などなど、
時間が空くと経験も怪しいもんですね。

最初に釣れてくれたマゴチ君のおかげで、何となく勘が戻ってきましたが、
未だ怪しいものです。

「こうやれば釣れる!」って絶対ないんですよね。釣りは。
そこに魚がいないと始まらないし、いても、食い気がないとだめ。
食い気があってバコバコ食ってても、食ってるものとルアーが違ったり、
動かせ方が違ってもダメェ〜。(絶対、魚屋で買う方がいい!www)

12月初旬・・・何度も通った、沖堤防。朝日が眩しいです。

f:id:kurekureTAKORA:20210103200444j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20210103200516j:plain

写真では分かりませんが、シーバスがバコバコ何か食ってます。
水面が沸騰してるような、いわゆる「ボイル状態」が所々で起きてます。

ボイルの真っ只中にルアーを通しても当たりもしない…
昔、オフショア(ルアー船で沖まで出て鰹やシイラを狙う釣り)でも
何度も経験しました。
鰹がシラスなどの小さい餌を食っていて、口を開ければ栄養価の高い餌が入る時は
餌より大きな面倒なものは見向きもしません。

ただ海の中を想像すると、以下のようなミルフィーユ?になってると勝手に想像します。
水面直下:シラスの群れ
水中上層:シラスを食う捕食魚①
水中中層:①を狙うさらに大きな捕食魚②

①はカマスだったり、鯖やコノシロ、シーバスだったりします。沖なら鰹や青物。
②は大型シーバスやヒラメ、沖合なら沖ザワラにマグロやカジキ。

今回、ボイルしてるのは40cmアップのシーバスでしたので、
「どうせ見向きもしないのなら、その下にシラスじゃ満足しない野郎がいるだろ?」
と、ディープダイブ系(潜航深度が深い)ミノーをぶっ込みました。
(写真のルアーは人気のセットアッパー125S-DR:12.5cm)

f:id:kurekureTAKORA:20210103200553j:plain

ただ、想定してたのは70cm程度の大型シーバスだったんですが、
食ってきたのはメーターサイズのサワラ君。
竿はディアルーナの9.6ft、リールはエクスセンスDC-SSという、
完全なるシーバスタックル…

ただ、ディアルーナは繊細ながらコシがしっかりしたロッドですし、
エクスセンスDCもバイトの瞬間から「魚、きましたでぇ〜」とロッドとハンドルから
ビンビン伝えてくれます。

「やばいサイズ?」と思った直後には「こりゃイケるわ!」という安心感。
フッキング位置も3個あるトリプルフックのうち2個は掛かってそうな感じ。
(実際はフロントフックは右口角、センターが左口角にがっちり)

「たのし〜!まさに目指してた釣り!これでバラしても後悔なしなし!」
って正直思えるくらいの最高の釣りができました。
エクスセンスの巻き上げ能力も、ディアルーナのタメも素晴らしく、
すんなり魚が上がってきました。(親切な隣の釣り人がタモ入れしてくれました。)

f:id:kurekureTAKORA:20210103200623j:plain

ちなみにセットアッパーのフロント&リアフックは「がまフック」に換装済で、
センターのみオリジナルフックでしたが、センターは噛み潰され2本針状態に。
ルアーのフックは「万一」に備えてワンサイズ上げておくことをお勧めします。
(だいたい食い気のある魚はルアーの頭側:フロントを喰ってきます。)

釣った後ですが、サワラ(回遊魚系も)は「臭い」とよく言われますが、
後処理次第です。
(美味い食材を確保するか、二匹目を狙うかは釣り師次第)

①確実に脳絞め。
 鰓上部から眼に向けてナイフを入れ捻る。…これではまだ不十分で暴れます。
 次いで、正面頭部の左右の眼の間から鰓上部に向けナイフを入れ捻る。
 …多分これで動きが止まり全ての鰭がぴん!と立つはずです。(魚による)
  個人的にはここまでやれば神経絞めの必要はないと思います。
②完全に血抜きをする。
 鰓上部に切れ目を入れ(鰓取っちゃうのもあり)、
 尻尾手前の体幹骨(背骨)の下半分に切れ込みを入れます。
 背骨の中の上部は脊髄神経、下部には動脈が通っています。この動脈を切ります。
 この状態で脳死状態ですが心臓は動いているので体内の血液量の7割を占める
 鰓からと、体幹内の血液が抜ける状態にします。
 その上で、ストリンガーなどに掛けて海中に数分ぶっ込みますとほぼ完璧に血抜き完了。
③内臓を完全に抜く。
 腹側肛門部より浅くナイフの先を入れ、胸鰭下部まで切れ込みを入れ内臓を抜く。
 鰓除去からの内臓撤去でも結構です。
 釣った魚はフィッシュイーターですので内臓には何がしかの消化途中物が入ってますし、
 内臓と背骨間には腎臓があり血液と老廃物が溜まっています。
 加えて、内臓には怖いアニサキスも寄生していますでしょうから、
 彼らが身に移る前に除去しちゃうことをお勧めします。
 (店頭に並ぶ魚は見た目重視ですので、内臓まで抜かないですけど…)

今回のサワラはデカかったですが、家で捌いても臭くありませんでしたよ。
サワラは鱗がほとんんどないし、皮が薄く身割れしやすいので、タワシで擦れば十分です。
ちなみにシーバス程度までなら100均の金属タワシ1個で鱗は落とせます。

メータークラスのサワラですと家族4人分の刺身用の冊が2日分、西京漬も2日分でした。
(ウチは魚好き揃いなので、普通のお宅の参考にはならないかなぁ…)

 

f:id:kurekureTAKORA:20210103200816j:plain

ベイトタックルでの釣りは楽しいですが、帰宅後道具を洗い、自分も洗い、
一息入れてから、魚を捌いて下拵えをしたのち、2機のべイトリールを分解・乾燥、
グリス&オイルアップして…  あーしんどかった。

f:id:kurekureTAKORA:20210103220412j:plain

その後もバイクだったり車で数回釣りに行きましたが、
海にお帰りいただくサイズのヒラメ君たちと、ぎり刺身サイズのシーバスでした。
しっかし、手間と疲れは残りますが、自然の中で時間を過ごすのは良いですね!
魚も美味いし!

ちなみに家族に好評なのはマゴチ君達です。「刺身の味が最高!」らしい。

f:id:kurekureTAKORA:20210103220455j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20210103220528j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20210103220554j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20210103220646j:plain

 

癒しの浜辺に

天高く〜の秋になりました。
去年は山奥ばかり走りに行ってましたが、今年は海づいてます。
アフリカツイン に釣り道具一式積んで釣りに行ってます。
竿とリール、小物はバッカンとフローティングベストに仕舞って、
身軽に、細い道や悪路でも行けちゃうのでホント便利。
(バイクの使い方としては間違っているのかも・・・)

f:id:kurekureTAKORA:20201125200310j:plain

浜名湖は今切口の激流や、

f:id:kurekureTAKORA:20201125200334j:plain

でも、高速道路使って100km走っても全然楽だし、積載性もあるし。
気温も下がってきたのでウェーダー(腰まである長靴)履いたまま、
サーフにも突撃できます。

そういやこの前、ADX150で釣りにきてる人もいました。

f:id:kurekureTAKORA:20201125200527j:plain

ヒラメちゃんや、

f:id:kurekureTAKORA:20201125200612j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20201125200647j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20201125200724j:plain

美味しいマゴチくん達・・・に、

f:id:kurekureTAKORA:20201125200750j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20201125200837j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20201125200904j:plain

お呼びでない連中・・・(失礼!)
子フグなんて、自分の図体考えず、しっかりルアー食ってきてるし、
ダツなんてルアーの奪い合いで絡まってるし・・・

もちろん、いつも釣れてくれるわけじゃぁありません。
ボウズの時の方が多いんですよ・・・

f:id:kurekureTAKORA:20201125200945j:plain

最近、愛用してるのはベイトリール 。
メカメカしいスピニングリールも機能的で良いのですが、
ロッド(竿)との一体感、ルアーの動き、魚のバイト(咥えた)感が
まさに「手に取るように」感じられます。

f:id:kurekureTAKORA:20201125202703j:plain

構造が単純で、自分でメンテナンスしやすいというのも
塩水釣り師には嬉しい限りです。

実はこの前買ったヴァンキッシュ(スピニングリール)はサーフの砂嵐で
砂塗れになり、内部まで砂入りしたため現在、シマノに入院中。
現代のスピニングは自分じゃ分解できません。

取りあえず、新入り道具も全て釣果を出し「魂」が入りましたので一安心。

これって釣り師は結構気にするんですよね。
でも地域によって「鱗を付ける」なんて言い方もするんですね。

私の生まれた関西の田舎では、道具に「血を吸わせる」なーんて、
物騒な表現もしますが・・・

では、また。

砂・小砂利の国へ

メジャースポット 石津浜

行って釣りした人はわかると思いますが、ニーガードがないとスネに波で飛んでくる
石がぶち当たり、うめきます。(痛いのなんのって・・・)

f:id:kurekureTAKORA:20200921210724j:plain


f:id:kurekureTAKORA:20200921210652j:plain

船で沖堤に・・・
ちょっとした冒険気分ですが、今年は水温高いせいで、お目当ての魚はいない様子。

f:id:kurekureTAKORA:20200921211250j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200921211918j:plain

ようやく砂浜で、お持ち帰りサイズに対面。

f:id:kurekureTAKORA:20200921212118j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200921212149j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200921212258j:plain

高級なルアーには目もくれず、ちょいと弄ったダイソールアーに食いついてきた・・・
ま、いっか。

f:id:kurekureTAKORA:20200921212333j:plain

新タックルに魂が入り、よかった、よかった。
マゴチは美味しいし、さらに良し。(捌くのは面倒ですが)

暑い。あつい。

バイクなんて乗れたもんじゃない暑さ。
コロナも収まらないし。

出かけたとしても河口の橋のたもとの日陰でボォ〜っと、まったり。

f:id:kurekureTAKORA:20200831205311j:plain

なんてしてると、結構、釣りしてる人が多いのね。

まずはR1000の車検。

f:id:kurekureTAKORA:20200831205348j:plain

無事、通過。

仕事で長野・群馬県境に。
ひっそりと峠にたたずむお地蔵様。

f:id:kurekureTAKORA:20200831205419j:plain

帰りに浜名湖周りで…

f:id:kurekureTAKORA:20200831205445j:plain

豊橋サーフで10数年ぶりの釣り。
よくも、道具が残ってたもんだ…からの釣り熱復活!

f:id:kurekureTAKORA:20200831205517j:plain

アドベンチャーバイクだから何しても良いってもんじゃなかろうが、
積もうと思えばロッドも積めるんだよね。

f:id:kurekureTAKORA:20200831205549j:plain

愛用のリール、95ステラ。何気に考えると四半世紀前の道具か!
というわけで、新しい道具を買ってしまった…なんと重量はステラの2/3!
「おもちゃか!」っていう感じなんですが、静かでスムーズなのにもびっくり!
暑いからねぇ…理性も吹っ飛びますわね。

 

俺はどこに行こうとしてるんだろうか…

Stay home でメンテナンス

お題「#おうち時間

このタイミングを生かして、
GSX-R1000のマフラー着せ替え
②CRF1000Lのオイル交換
を実施。慣れたものなのでサクサク作業。1/1プラモデルみたいなもの?

f:id:kurekureTAKORA:20200509213222j:plain

レオビンチ、外して...

f:id:kurekureTAKORA:20200509213347j:plain

アクラポ二本出しメガフォンに換装

f:id:kurekureTAKORA:20200509213510j:plain

今回はオイルフィルターも交換して…

f:id:kurekureTAKORA:20200509213607j:plain

安っいウルトラG1を飲ませる。

R1000は車検受けなきゃなぁ。







屋外ランチ

想定外なCovid-19の蔓延。
まさか日本にまで、これほど影響が出るとは思いませんでした。

三蜜を避けて、安全運転で乗り切りたいですね。

<極楽峠>

f:id:kurekureTAKORA:20200509210555j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200509210650j:plain

<御池川>

f:id:kurekureTAKORA:20200509211304j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200509211333j:plain

揖斐川河口>

f:id:kurekureTAKORA:20200509211435j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200509211508j:plain

<茨川林道>

f:id:kurekureTAKORA:20200509211708j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200509211744j:plain

<牧田川>

f:id:kurekureTAKORA:20200509211856j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200509211933j:plain

<石槫峠>

f:id:kurekureTAKORA:20200509212034j:plain

f:id:kurekureTAKORA:20200509212106j:plain




 

ナビの音声対応

ナビからは音声ガイドで道案内されますね。
「150m先、右折です。」とかって。

バイクに乗ってると、風やエンジン音で当然聞こえないので、
お道具が必要になります。まぁ無けりゃ無いで問題ないですが。
最近は便利で安価に機材が揃うのでいいですねぇ。

f:id:kurekureTAKORA:20200322204028j:plain

「電気製品は日本製だ!」なーんて喚いていながら実は中華製品ばかり。
(今のご時世、中華なしに製品作れませんからねぇ)

ゴリラの音声ジャックから Bluetoothでレシーバーに信号飛ばすトランスミッター。
AUKEY製:コンパクトなので。ゴリラ電源のスパイラルコードも併せて購入。

音声信号の受け側はヘルメット用のインカム。
これまた中国駐在中に京東(jingdong)で買っておいた(3〜5千円/個)。
5千円の方は録画機能付き。

f:id:kurekureTAKORA:20200322204003j:plain

きっちり、ナビホルダーに納まりますね。

f:id:kurekureTAKORA:20200322204137j:plain