Point of No-Return

バイクが趣味なおっさんのブログ

泡沫の夢(北京で引越し)

赴任も一年を過ぎようとしていた12月。
住み慣れたアパートを引っ越しすることにしました。
1年契約なので、そのまま継続でも良かったんですが、通勤に時間がかかるんですよね。

直線距離で6kmほどしか変わらないのですが、
国贸:guomao(ぐおまお)エリアや三元桥:sanyuanqiao(さんゆぇんちゃぉ)に
行くのに車で1時間は楽勝にかかるんですよ。

地下鉄なら8号線「高碑店:gaobeidian(がおべいでぃぇん)」駅から一駅乗って
「四惠:sihui(すぅふい)」駅で1号線に乗り換え…(めっちゃ人多し)
なんせ、北京人の運転手さんが「なんでこんな不便なとこ選んでん!」と言うくらい。
逆に北京の中心に行くと政府系が多いので検問や共産党幹部のお出かけの度に通行止め。
(内も外も不便極まりない)
住むなら三環路東側が何かと便利です。

私の場合は、まぁ、日本人が少ない、というそれだけの理由でしたが。

1年で会社とは関係のない友人も何人かできたし、運転手さんにも迷惑かけるので、
通勤他に便利なアパートに引っ越すことにしました。

今までのところは、前年に下見に来た際に駆け足で何件か物件を見て、以下条件で即決。
・風呂/トイレ別で、風呂が広くシャワーブースがある(私がでかいので)
・南東角部屋でバルコニーがある
・米国系ホテルグループが経営(英語が通じると思った)

住み心地は良かったのですが、外食ができる店が少なかったのと、深夜にタクシーで
帰るのが億劫だったんですよね。(日本と違って安いですけどね)

引越し先の風景。

部屋選びにあたっては、不動産屋が出してくれた候補物件数件を、
現地民である燕子に付き合ってもらって一緒に見てまわりました。

燕子のアドバイス
・絶対に南向きであること(北京の冬はめっちゃ寒い)
・角部屋は冷えるので避ける(同上&西は夏暑い)
・最寄りの地下鉄駅が自分の家と会社から便利(?)
・スーパーが近く、外食店舗が多いこと
・スタッフの親切さ(これは中国人でないとわからない)

以上に私の重視点を加えて新居が決まりました。
結局、帰任までココにずっと住み続けておりました。

外国人は引っ越すと住処を登録しないといけません。(日本でも一緒か?)
いわゆる住民票登録です。これは自分でもできますが、外国人用アパートなら
フロントが手続きをしてくれます。

外国人登録証なんかはありませんが、ビザ情報に紐つけられているんでしょうね。
代わりに「パスポートを常に携行しろ」でした。www
(普通に生活してる分には必要ないですけどね。)

最寄り駅まで徒歩数分、会社までも歩いて10分という好立地。
パン屋さんもイタリアンも和食もローカルフード店もコンビニも近くにあり、
建国路挟んで反対側にはウォールマートがあり、大きなショッピングモールに
シネコンも全て徒歩圏内。おまけにスタッフもフレンドリーで親切。
(引越し前のアパートも良かったですよ。ジムとプールも広かったし)

引越し終わって、燕子とアパート目の前の日本料理屋で晩飯。
大好物の「鰻重」食ってます。私は流石に中国で鰻は食いませんでしたが…
(なんかウナギみたいな格好ですね。)

中国のアパートは結構構造上のトラブルがつきものと聞いていましたが、
幸い私はそんな目に遭ったことはありませんでした。

そうそう、中国語で「ご飯の上にオカズが乗っかってるの」は、
盖饭:gaifan(がいふぁん) と言います。
なので「鰻重」は鳗鱼盖饭:manyu-gaifan(まんゆぅがいふぁん)でございます。
牛丼は日式 牛肉盖饭:rishi-niurou-gaifan(りぃしぃ-にゅうろうがいふぁん)。
まぁ吉野家:jiyejia(じぃいぇじぁ)でも通じますが、
すき家=食其家:shiqijia(しぃちぃじぁ)もありますので…

吉野家すき家も何度か使いましたけど、休日の昼飯にはアパートから数十歩で行ける
「和合谷:hehegu(はぁはぐぅ)」でよく食事しました。
「真功夫:zhengongfu(じぇんごんふぅ)」も至る所にありますが、和合谷の方が好き。

大抵は「宫保鸡:gongbaoji(ごんばぉじぃ)ばっかり食ってました。
ざっくりドリンク込みで20元(¥300)くらいだったかな?


23年 砂の国詣で

気づけば今年は「砂の国」に行ってなかったなぁ。

と、思い立ち、釣り道具を車に積み込んで朝から砂の国に。(渥美半島の表浜海岸)
今回は釣りだけでなく、浜見ながらラーメン食って、コーヒーも楽しもう!

釣り場に降りたって、30分もするとちっちゃな「とんかつサイズ」のヒラメが登場。
ちなみにこのサイズのヒラメは「ソゲ」と呼ばれます。(こっちでは40cm未満)
「大きくなったらかかって来やがれ!」と、丁寧に針はずしてバイバイ。


その後は、ダツの猛攻…
細っそいくせに、食い意地だけ張ってるんですよね〜。
まぁ、釣りに来て魚が釣れないより楽しいのですが、晩飯にもならないしねぇ。笑
(ダツも食べれないことはないですが…)

綺麗な景色の中、無心で釣りしてるとストレスも解消しますし、
ルアー釣りは「投げてなんぼ」な上、歩き回るので運動不足も解消します。

あっ、釣り道具は完全に鰤クラスの大物想定しています。笑
でも、バランスがいいのか、繊細なアタリも確実に感じますし、
小物が掛かってもバラすことなく、魚を寄せてくれます。(というか吹っ飛んでくる)

腹が減ったので、海を見ながらチキンラーメン作って食い、食後にコーヒー。
いや、このシチュエーションでの食事は「最高の贅沢」。

山もいいけど、海もいいねぇ!

とはいえ…今夜のオカズはゲットできず。
まぁ、「二兎を追うもの、一兎も得ず」ですので、これでよしとしよう!
(実際は、車のタイヤを交換した試運転も兼ねているので三兎狙い。笑)

タイヤはミシュランPilot Sports5。
新車装着されていたBSも良いですが3万kmもたずに摩耗。(なんか柔らかい)
個人的にはミシュランやコンチネンタルの方が、カチッとしていて好きです。
意外と、少しくらいの雪でも走れちゃうくらい懐が広いのが欧州タイヤ。
(前のゴルフV-GT TSIで東京から名古屋に向かう中央道で、突然3cm以上の積雪に
 見舞われましたが、コンチネンタルのSports Contact2は何気に走破。
 一方で同シチェーションのRX8&BSのPOTENZAは怖かったなぁ。)

PS5も良さそうな雰囲気です。BSはアクセルをちょい踏みすぎたら、
「キュキュッ」ってスキール音が鳴ってましたが、PS5はそれがないようです。
ただ少し、ステアリングに対する反応が敏感な気がしますが、まぁ新品だからかな?

それにしても、ゴルフは購入後5年経ちましたが、あんまりヤレた感じがしませんね。
(手入れはまったくしていない状況…ごめん)

話があっちこっち行っちゃいましたが、釣りに行っても「お土産」は無し。
魚がなくても、マクドがあるさ。
(ついグラコロ買っちゃったけど、なんか味薄くね?)

泡沫の夢(突然の来訪者)

今週のお題「人生変わった瞬間」

人生変わるって言うと大袈裟ですが、考え(価値観)が変わるってことはありますね。
そもそもガキの頃から、人生って最初から決まってるとは思っていないので。
(育ちが悪いので、マセたガキだったのでしょうね。)

想定や想像もしてなかったことが起きると、大なり小なり考えは変わりますよね。

北京の11月は暖房の使用が開始されます。
暖房は「暖气:nuanqi(ぬぁんちぃ)」と呼ばれるスチーム供給による、
セントラルヒーティングで、昔や郊外では石炭燃やして暖を取ってたんでしょうが、
大気汚染が深刻になってきた2010年あたりから、どんどん郊外にも拡大しました。
(郊外にもガスインフラが敷設されたが、石炭よりお金がかかる…)
赴任した2016年から北京四環路以内は石炭を燃やすのは全面禁止になったと思います。
露天で石炭を使って調理するのも取り締まられていました。
(それでも郊外にある工場からの排出ガスで、空気はめっちゃ汚かったですが)

まぁ、私のような「か弱い」日本人なんかは赴任早々、鼻腔粘膜が全滅し、
鼻水のように「滲出液(しんしゅつえき と読む)」が流れ出す状況で、
春休みの帰国の際に診察してもらった耳鼻科医曰く、
「花粉症じゃねーよ!鼻粘膜が剥がれ落ちてるな。ははっ全滅だなwww」。
(処方薬使って日本に一週間居たら完治した)

そんな状態で冬を迎えたわけですが、鼻は大丈夫でしたが(強い!)、
今度は喉がやられて、空咳が止まんない状況…
寝る時横になったら咳が止まんないので、睡眠もとりにくい一番嫌な状況ですよね。

 

そんな状況のある日、仕事中に燕子から、
「今日は何時に仕事終わるの?咳ひどいんだから早く家に帰りなさい。
 まさかオネーちゃんのいる店に飲みに行くんじゃないだろね!」ってWechat受信。

→「へいへい、さっさと帰りますよ。テメーは何してるんだ?」
「今日は用事があるから、忙しい。」・・・ふぅん、まぁ、忙しいなら何よりだな。

で、退社し、真面目にアパートに帰ると誰かキッチンにいる…
サービスアパート(家具/掃除付きの1LDK)なんで、「阿姨*:ayi(あい)さんかな?」
(*:アパートの家政婦さんで掃除やシーツ&タオルの交換してくれる)

なぜか…燕子が…いる…
驚き声が出ない私に、「嘿!你的喉咙还不好吗?(ハイ!喉の調子はまだ悪いか?)」

为什么?…你?怎么办?(なんで?あんたいてんの?どないしよ?)
めっちゃびっくりしました。サプライズ飛び越え「驚愕」。


なんかね、「喉に良い料理」作りに来たんだって。

これまで映画見に行った後にお茶飲んだりで、何度かウチに来たことはあったんだけど…
仕事休んで、わざわざスーパーで「日本人の家にはない調味料」や食材買って、
慣れないIH調理器使って、ご飯作ってくれたみたい。

金柑や棗(ナツメ)にクコの実(ゴジベリー)なんかが煮込まれた薬膳スープ。
いや、こんなにしてもらったら…「惚れてまうやろ〜!」

年甲斐もなくドギマギしてる私に燕子は冷静に一言、
「老头,冷静一点。哪吃饭吧!我饿了」
(おっさん、ちょっと落ち着け。飯食おう!腹減った)

いやね、味の方は、身体が要求してたのか、美味いんですわ。これが。
ご飯に掛かっているのは「のりたま」(ふりかけ)ですが…
(これはこれで、中国人は気に入ったみたい)
ほんでもって、ウチだと床に座ってご飯食べるんですなぁ。
(ダイニングテーブルあるけど。中国人って椅子とテーブルっていう先入観があった。)

ま、こんなことになると…この後の「身の振り方」考えますよねぇ。

単に体調が悪い友人を見舞っただけなのかもしれないけど、
こういう行為や好意って嬉しいよね。特に得体も知れない北京なんかで一人暮らしだと。
多分、燕子も田舎を離れて北京で一人暮らしなんで、おんなじ境遇だったんだろうねぇ。

気の許せる相手がいない環境で一人で暮らす…
企業駐在員で生活が保証されているオッサンでもシビアに感じるのに、
生活の保証も、先の希望も叶えにくい中国人の女性にとっては非常に辛いでしょう。
(なので、男女問わず、中国人は身内以外の他人に無関心というスタイルになる。)

も、もちろん、紳士な日本男児ですから、遅くなる前にタクシーでお帰り頂きましたよ。

その日の晩、燕子が夏前に北京を去る時に言った「时间告诉你(時があなたに教える)」
という言葉を思い出しながら悶々としておりました。

「时间告诉我,什么?我怎么办!(時間は俺に何を教えた?どうしよう!)
この頃から、独り言に中国語が出てくるようになりました。
(語学もこんな友人がいるからこそ、上達するんですね。)

燕子はきっと今日の計画を達成して、ぐっすり寝てるんだろうなぁ、クッソォ!

なんてことがあって、以後の北京生活が変わり始めた11月の振り返り…でした。